エロ電話でのトラブルの対処法(サクラ・後払い・援助交際・美人局)

電話サイトを利用してトラブルになる事も少なくありません。ここでは電話での出会いに対してよくあるトラブルを紹介し、また対応策をご紹介します。

サクラに騙される

出会い系サイトやtwitter、line、ツーショットダイヤルに至るまで色々な所にサクラは存在しています。
サクラはポイントを多く使わせ課金させるものから、line交換して別のアプリやサイトを使わせようとするものまで様々です。
無料サイトやアプリでは誘導のサクラ、有料番組ではポイント課金させようとするサクラが多いです。

最近のサクラは見分けがつきにくいですが、アイコンがとにかく可愛い、待ち合わせしたらドタキャンされる、lineで広告を送ってくるなどの場合はサクラなので、避けましょう。

後払い

ツーショットダイヤルで行われる手口で、利用したポイントを後で支払う仕組みです。本人がわからない内に後払いになっており、忘れたころに督促の電話を掛けて、違法な延滞料を支払わせようとするのが手口です。

後払いの督促電話が掛かってきたら、利用した分のポイント代は支払う必要がありますが、それ以外は払う必要がありません。消費者センターや弁護士に相談してみましょう。

また電話番号を変えると掛かってこなくなります。

未成年との援助交際

電話で割り切り交際を求められる事は多いです。実際援助交際の募集目的で利用する女性も多く、話が付きやすい電話で交渉するのが手っ取り早いのです。
成人女性相手なら大丈夫ですが、未成年者が相手の場合は逮捕される可能性が高いです。lineを交換した、メールのやり取りをしているなどはとても危険です。その女の子が補導されると芋づる式で捕まります。

美人局

有料番組に潜んでいる事が多く、女の子と待ち合わせして、そのままホテルに入ったら男性にお金を支払えと強要されます。他人にバレたくない人が払ってしまうケースがありますが、何度も要求されるかもしれません。自分もダメージを負うかもしれませんが警察に行くのが一番です。

ミセスEYE おっぱいが感じる爆乳熟女が既婚者と浮気し放題

人妻熟女と出会いたい男性にお勧めなのがツーショットダイヤルのミセスEYEです。老舗の番組で全国規模で運営されている大手です。雑誌広告も積極的に出しているので素人の奥さんに出会える確率が高いです。欲求不満な奥さんとテレフォンセックスでオナニーなどもできます。初回限定で2000円分の無料お試しポイントが貰えるので、ぜひ利用してみましょう。

ミセスEYEの口コミ・評判

いろんな人とセックスを楽しんで思ったんですけどヤリマン=乳首やまんこがが黒かったり黒ずんでるイメージありますよね。ぶっちゃけそんなことないんですよね~今までの経験からいうので確かだと思います。処女ともセックスしたことありますけど普通に乳首真っ黒やん!という子もいましたし30代のドスケベな人妻でも綺麗なおっぱいをしていてまんこも綺麗な人もいたんですよね。

ミセスEYEを実際に体験してみた感想

ちょうど出会ったのは38歳の人妻のアケミさんです。アケミさんは見た目も若い感じでした。ミセスだと言わなければ分かりません。独身だと偽ったとしても、それを疑う人はいないでしょう。それくらい可愛く美しい彼女・・・。それを抱くことができて、しかもお金まで貰えちゃうなんて・・・。彼女はキャリアウーマンだから昼間は仕事をしています。普通の人妻とは違って遊ぶのは夜間になります。きっと仕事で疲れているだろうに、それでもセックスをしたいだなんて何という絶倫!それができる女性というものなのかもしれませんね!彼女はセックスも本気です。何事にも本気で挑むのが彼女のポリシーです。私は彼女とのセックスを通して大切なことを教わりました学びました。

生配信でエロイプしてバイブオナニーで感じる

私はよくネットゲームをするのでチャットやスカイプというのには慣れていました。しかし、相手というのはリアルの友人か、ネットゲームで同じギルドやクランに入っている気心が知れた人だけでした。さらなる交友関係を増やしていくためにスカイプ掲示板を使ってみることにしたんです。そのアイデアもギルドメンバーから教えてもらったものでした。方法は至って単純、「スカイプ掲示板」で検索すればすぐに見つかる。んで、ちょっと掲示板に目を通してイケそうな子が居たらすぐにコンタクトを送る。コンタクトの内容は「掲示板から」って書いて送るだけ。すごく単純だけど、どこでIDを知ったのかを書かないとコンタクトに追加してくれなかったりするのが普通らしい。こういうのって初めての人は分からないよね。ギルメンから聞かなかったら拒否されまくって凹んでたに違いない。それで私が初めてスカイプした相手は女の子でした。まぁ、知らない男同士で喋ってもつまんないしね。夜にスカイプしてたということもあって、やっぱり内容はそれなりにディープなものになっていくんですよ。最初は、自己紹介とか最近何して遊んでるの?とか聞くんだけど、ネタも尽きてくるとどうしても下ネタも入れざるを得なくなってくるわけ。大きく分けると、下ネタが絶対ダメな女の子と受け入れてくれる女の子がいるんだけど、運良く後者でした。そんな場合はかなりの確率で会ってくれます。そうギルメンから聞いていたので誘ってみると見事にOK。ちなみにその時点ではまだ自分の顔写真は送ってませんでしたよ。寂しくて仕方ないからエロイプやったり出会い系やったりしてるみたいですね。会う約束をしてからエロイプをはじめるというちょっと人とは違うやり方になってると思いますけど、エロイプめっちゃ楽しかったのでヨシとします。

iPhoneでテレクラを利用

最近iPhoneに変更しました。アイフォンのアプリの中でもテレクラサイトを試してみることにした。そのきっかけとなったのは、悪友からの教えだった。僕は前々から出会いがなくて困って欲求不満だ、セックスがしたいと酔った勢いで友人に相談をしていたのだ。僕とその友人は同時期にiPhoneを買って楽しんでいたのだけど、そんなアプリがあるとはそれまで想像もしていなかった。友人が先にやってみて直接会うまで持って行けたと言ってたので、僕に教えてくれたというわけだ。ネットで検索するとすぐ見つかるし、利用にもお金は全くかからない。このアプリの面白いところは、最初につながる相手が自分で選べる点だという事だろう。写メを見て選ぶんだけど、どの子も可愛いのにびっくり。これはスゴく新鮮なんですよ。音声だから電話に近いのかと思いきやあくまでも伝言メッセージに近いものなんです。いきなり知らない人から伝言があるんですから面白いんですよ。最初に繋がった女性は可愛い声の韓国人女性からでした。一応たどたどしい日本語で「こんばんわ~」とだけ来ました。僕は日本人女性とテレフォンセックスしたいと思っていたのですが、簡単に言えば韓国デリヘルの勧誘でした。最近の風俗では韓国と中国でも人気なのでこういうこともあるんですね。金額も負けてくれて生でセックスOKと言われたらアリだなと思ったのですが、本来のテレフォンセックスをするという目的を忘れてしまいそうなのでパスしました。

ツーショットダイヤルは中高年女性の巣

ツーショットダイヤルの利用者のほとんどは中高年だと言われます。今どきの若者でコレを知っている人は少ないでしょう。しかし私もまた若者の一人です。ではどうしてこのサービスを知っているのか。そしてどうしてこのサービスに執着するのか。かつて人妻の集まる出会い系サイトというのを使っていました。ところがそこには若妻も多いんですね。私が求めるのは30代や40代といった中高年の女性です。若妻なんてのは普通のギャルと何ら変わりません。私の興味の範疇にないのです。とても性的対象として見られないのです。それで出会い系サイトではなくツーショットダイヤルを必要としたわけです。このサービスでは相手の肉声を聞くことができます。ただのテキストのやり取りなんかじゃないんですよ。常にリアルに相手を感じることができます。綺麗な声を持つセレブ風の女性もいれば、汚い声を持つババア風の女性もいます。しかしどちらにもいいところがあるので好きです。実際に会ってみるとおばちゃんパーマをしている女性もいます。多くの男性なら萎えてしまうかもしれません。ところが私の場合はチンコの先を濡らしてしまうのです。私はおばちゃんのデカ尻を抱えてクンニします。ときどき真っ黒なアナルにも舌を入れながら攻めてみます。するとおばちゃんのくせに可愛い声を出して感じるんですよ。その様子を見るのが好きですね。おばちゃんのくせにときどき女になるんですよ(笑)

VI-VOでテレフォンセックスをする

携帯電話でVI-VOを使う事が可能です。テレビ電話も利用出来ますが、料金が高すぎるのでお勧めできません。あくまでテレフォンセックスのみが出来ると思っていいでしょう。ガラケーなので電話はしやすいので、テレセには使いやすいかもしれません。ライブチャットというものには興味があっても、手を出さないでいるという方が悩んでいることといえば、やはり「有料」の壁でしょうか。有料といっても、アダルトのライブチャットサイトでは高額なところもありますが、ノンアダルト専門のライブチャットを提供しているところなどでは安価で楽しめますし、また某大手サイトでは無料からスタートしてアダルトな内容の濃いものになると有料に切り替わるというものもありますから、いきなり課金ではなく、「無料」部分だけをまずは楽しむというのもいいかもしれません。また、アダルトなことを狙っていてノンアダルトを避けるということは、考えなおすべきでしょう。ノンアダルトを謳っていても、二人だけでライブチャットを行う場合は二人に全てを委ねられます。第三者に監視されているわけでもなく、こちら側が女性に対して失礼過ぎるようなこと(罵倒や悪口など)がなければ、基本的になにをしてもいいわけですから、利用者側のスキルが多分に影響する楽しみ方ではありますが、ノンアダルトの子をアダルトの方向にもっていくという楽しみはアダルト専門のライブチャットとは違った楽しみがありますし、オススメできる楽しみ方です。もちろんノンアダルトのところでまったくアダルトの色がない話をして癒やされたり、励まされたり、二人で笑うということをするのも一つの楽しみ方です。

ライブチャットで女の子と2ショットでエロ電話する

暇な夜やムラムラした時にはライブチャットで遊んでいます。いかにも素人といった感じの女の子とまったり話すもよし、ときにはアダルトな会話でテンションあげちゃうもよし、M字開脚にしてアソコをどアップで見てオカズにするのも良しです。しかも、出会い系サイトと違って相手が見えるというのはさらにテンションがあがります。
見ず知らずの人と面と向かって会話するというのはなかなかストレスがたまるという人でも、スマホの画面を挟んでみると意外と話しやすいので試してみないと損です。しかもこちらは相手の顔が見れますが、相手は見えないので遠慮なくモノが言えます。画面の向こうではいかにも素人といった感じの女の子がカメラを通してこちらに見られているということに恥らいながらもセクシーなサービスしてくれたりします。もちろん、ライブチャットにはいろいろな女の子がいるので、大胆で積極的な女の子もいます。受け身な性格の人なら積極的でリードしてくれる女の子がおススメです。私は、ちょっと恥ずかしがりな素人っぽい子がタイプなのでそういう子とはなすことが多いです。男性にはそういう女性の方が受けますよね。アダルトなチャットではアソコを見せるのに抵抗が無い女性でもアナルを見せてというと嫌がる女性が多いです。アソコよりアナルの方が恥ずかしいみたいです。機会があったら是非試してみて下さい。ライブチャットでは複数の男性と1人の女の子がチャットするオープンチャットと2人きりで会話する2ショットチャットがあります。2ショットのほうがチャトレも大胆になってくれるので、なれないうちは早めに2ショットにもちこんだほうがゆっくりチャットセックスが楽しめるかと思います。

風俗じゃなくテレセのバイトをする人妻

最近の人妻は小遣い稼ぎでライブチャットのパフォーマーという仕事をやる。元々ライブチャットというのは若い女性が副業的にやるものだったようだが、今では30代40代の熟女があたりまえのようにやるらしい。それも、ただ男性とネットで話すだけではなく、裸になって喘いだりするエロチャットが主流のよう。いわゆるネット風俗で働くという事。
この熟女さん、本当に人妻かどうかはあまり問題ではない。そこそこの年齢の女性というだけで未婚女性もいるようだが、「人妻」というのが一つのブランドになるらしい。確かに40代既婚と言われるより、単純に「人妻」としたほうがエロく感じるから不思議だ。中には50代以上の人もいるようだが、いつまでこの仕事ができるんだろう。熟年という言葉があるので、熟女に相当する単語は熟男?ところで、確かに日本では若けりゃ何でもいいんでしょ?的な発想が溢れている気がしてなりません。可能性を秘めた若者と円熟の美学を含んだ熟年とどちらもそれぞれの年代を楽しめば良いのですが、どうもそのような文化があまり根付かなかったのは、時代のせいでしょうか? だから、先の女性誌も古い慣習にのっとり、、、というか男性的発想で、年下男へと恋愛のベクトルが向いて行くのかそれともライターが男なのか、情けなさというか、一抹のわびしさが感じ取れる記事になっている気がするんです。熟年同士の恋愛も年下と同じように扱えるようになったら女性誌にも性的な解放を感じられるかもしれません。

入金ボーナスポイントを使い10代少女と通話アプリで出会う

10代が多数います。夏になると必ずと言っていいほどネット上に増えてくるのが10代の若い男女です。夏休みに入るので暇な学生は自然と手持ちのスマートフォンでインターネットにアクセスしてしまいます。当然若いですからエッチなサイトや、出会い系アプリなどを利用して異性の相手を探そうとします。

そこを狙って大人たちが少女を狙ってアプローチしてきます。ですので毎年夏休み明けには援助交際などで逮捕されたというニュースが多く出ます。今一番出会えると言われているのがビデオ通話機能付きのアプリですよね。

無料通話アプリと呼ばれているものは根本的には出会い系として作成されている訳ではないので、年齢認証が無いものもあります。チャットやメッセージ、ビデオ通話をメインとしている場合、年齢認証をする必要もありません。ですので無法地帯になってくるのです。10代の若い女の子がアプリを利用して大人の男性とコミュニケーションしているのは実際かなり多いです。

今ではスマートフォンを持つ小学生が無料通話プリを使っている事もあります。こういう所で仲良くなってエロ写メを求められ、つい送ってしまった画像がネット上に残る事になるのです。アプリはダウンロードやインストロール時でも年齢認証が必要ありません。ですので若い少女が利用するのを禁止するには、端末に規制を掛けるか、親が注意するしかないのです。ただ新しい端末というのは若い人の方がすぐ使いこなすので、大人が付いていけていないのが現状です。

カカオトークでエロ電話をする

僕がスマートフォンを買って最初にやったことと言えばカカオトークというスマホアプリのインストールだ。何を隠そうカカオトークを使って女の子をナンパするのがスマホを買った第一の目的だったといっても過言ではないからね。以前からカカオトークの噂は友人たちやネットの情報から知っていて、ヤレるアプリとして有名でもあった。
普段はlineを使い、浮気や不倫の時はカカオで無料通話するんだとか。
ヤるとかヤらないとかじゃなく、純粋に女の子とのチャットを楽しみたかったんですよ、最初はね。チャットをするにつれてスゴく彼女が可愛く思えてきたんだ。その子の名前は綾紗ちゃん、本名らしい。綾紗は19歳の大学1年生、僕の1つ下だ。男ばかりの工業系大学に通ってる僕は女の子との接点が少なすぎる。数少ない学内の女子には当然ながら彼氏が居るのがデフォだった。彼氏が居なさそうな子は相当なブスだった。そういう環境にいる僕にとってはスマホひとつで簡単に女の子と知り合えるというのはありがたいことだ。綾紗と会うことになったのはチャットをはじめてから2週間が経った頃だった。これを早いと思うのか遅いと思うのかは人それぞれだが、僕にとっては結構早かったように思う。綾紗は僕の家からそう遠くない大学に通っていたので彼女の大学で待ち合わせをすることにした。時刻は12時過ぎ、土曜の午前中だけ講義に出て昼から会うことになっていた。写メの交換をしていたので彼女が出てきた瞬間に分かった。実際に見てみるとやっぱり可愛い、うちの大学には居ないタイプの子だ。昔から知っていたかのように自然に会話に移れた。いいセフレができてよかったよ。