ツーショットダイヤルは中高年女性の巣

ツーショットダイヤルの利用者のほとんどは中高年だと言われます。今どきの若者でコレを知っている人は少ないでしょう。しかし私もまた若者の一人です。ではどうしてこのサービスを知っているのか。そしてどうしてこのサービスに執着するのか。かつて人妻の集まる出会い系サイトというのを使っていました。ところがそこには若妻も多いんですね。私が求めるのは30代や40代といった中高年の女性です。若妻なんてのは普通のギャルと何ら変わりません。私の興味の範疇にないのです。とても性的対象として見られないのです。それで出会い系サイトではなくツーショットダイヤルを必要としたわけです。このサービスでは相手の肉声を聞くことができます。ただのテキストのやり取りなんかじゃないんですよ。常にリアルに相手を感じることができます。綺麗な声を持つセレブ風の女性もいれば、汚い声を持つババア風の女性もいます。しかしどちらにもいいところがあるので好きです。実際に会ってみるとおばちゃんパーマをしている女性もいます。多くの男性なら萎えてしまうかもしれません。ところが私の場合はチンコの先を濡らしてしまうのです。私はおばちゃんのデカ尻を抱えてクンニします。ときどき真っ黒なアナルにも舌を入れながら攻めてみます。するとおばちゃんのくせに可愛い声を出して感じるんですよ。その様子を見るのが好きですね。おばちゃんのくせにときどき女になるんですよ(笑)